2020年 自由美術協会 京都作家展

April 13, 2020

先月の3月31日から4月5日まで開催された、自由美術京都展に作品を出展していました。

 

前に仕入れていた石の余りを利用し、天のドリル跡を有効活用する作品としてまとめてみた。

正面の磨きと曲線が、天のゴツゴツした部分との対比が上手くマッチして良かった。(加工当初は、ドリル跡のインパクトに作品が負けてしまうかもと思っていた)

材質は黒御影石で、大きさは、幅550mm、奥行き400mm、厚み150mm。重さ80kgぐらいのもの。

 

また、今回新しい試みとして、作品の台を全て溶接で組み上げた。

ベースの枠組みを作り、そこに黒皮仕上げの厚さ1.5mmの鉄板を貼りつけた。

そして、天板には3mm板を使用し、穴を空けてステンレス棒を差し込み、作品を宙に浮かせた。

 

展覧会に出展した作家からは、「作者の石との響きあい、その間の時間、応答から心に響く風景が現れた」と高評価をいただいた。

 

次回は10月に国立新美術館にて東京本展があるので、そちらの構想もそろそろ練っていかなければ。

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square